寿司屋 バイト 体験談

寿司屋のバイト体験談

寿司屋のバイト体験談

 

 

お皿の数を数えるのが苦手です

 

私は数年寿司屋でバイトをしているんですが、今でも苦手な作業があるんです。
それは、食べ終わった後のお皿の数を数えることです。

 

数字に弱かったので、このバイトで心配だったのがレジ業務でした。
お釣りの計算は、レジが自動的にやってくれるのでそこは安心しましたが(笑)

 

レジ業務のことばかりが気になって、お皿を数えないといけないってことは
完全に頭にありませんでした。

 

寿司屋のバイト初日はホントにキツかったです。

 

「え?ただお皿を数えるだけでしょ?」と思われるかもしれませんが、
計算が苦手な人にとっては、本当に大変な作業なんです。

 

サクサクお皿の数を数えることができたら、お客さんを待たせる時間も短縮されると
お皿を数えるたびに考えます。

 

他の作業については、特に問題なくむしろ「仕事が早いね〜」と言ってもらえるので
なおさら、このお皿を数える作業には悩まされます(笑)

 

バイトは寿司を握る?

 

大学時代に回転寿司屋でアルバイトしてました。
仕事内容は、汁ものを作る、飲み物の配膳、片付け、レジでした。
中でも一番楽しかった仕事は、軍艦作りでした。

 

「え?バイトなのにお寿司を握るの?」と思うかもしれませんね。

 

もちろん握れません(笑)

 

では、どうしていたかと言いますと、お客さんの前では
職人さんが一つ一つ手でお寿司を握ってますが、裏では、機会がシャリを握っています。
なんと、わさびも自動でつけているんです。

 

機械で握られたシャリですが、ここに海苔を巻いて
イクラやウニをのせれば、職人さん顔負けの軍艦巻きの完成です。

 

こんなんでいいのかな?と思いながら作っていました。

 

食器洗いも全自動なんですよ♪
そもそも、手作業であの大量のお皿を洗ってたら、いくら時間があっても足りませんから(笑)