寿司屋 バイト 体験談

寿司屋のバイト体験談|店長が最悪でした

私にとっては初めてのアルバイトでした。

 

小遣いが欲しかったということと、良い社会勉強になると思って
求人雑誌に載ってた寿司店に軽い気持ちで応募してしまいました。

 

それが間違いだったようです。

 

職場の人たちは皆良い人ばかりだったんですが、とにかく店長がもう最悪でした。

 

注意されるのはしょうがないことですが、言うことがこ都度変わるし、
22時以降も仕事させられるし、だいたいシフトが1週間前で決まっていない。
もうほんとに何度切れそうになったか。

 

それでもう嫌になって、耐えられなくなり辞めました。

 

でも、このバイトをしたことで言葉遣いが良くなりました。

 

自然な笑顔を作れるようになったし、怒られることにも耐久性が生まれました(笑)
結構良い社会勉強にはなったと思います。

 

同じバイト先で仕事をする友達も増えましたし。

 

時給は低かったけど、周りの人たちは本当に良い人達だったし、
やりがいもあったので、良いバイトだったと思います。

 

店長がもう少しいい人だったら、こんなに早くは辞めてなかったと思います。

 

 

職場の人間関係は重要

 

研修期間がないので、時給が最初から高かったです。
でもその分、仕事がしんどかったです。

 

とくに週末の食器洗いは、ホントに疲れました

 

「客もう来るなよ!」って思ったし、社員も客来るなって口にしてるしw

 

マシンを解体して、スポンジで洗うんだけど手が・・・

 

従業員はホントにいい人ばっかりだったな〜。
特にパートのおばさんとかおじさんは色んなことを教えてくれた。

 

どういう仕事の仕方をすれば、早く上がれるかとかw

 

3ヶ月やって、副店長の人間性の悪さが見えてきて、本当に嫌になって辞めてやった。
最初はそんなことなかったのに、やっぱり人間って怖いな〜と思いました。

 

ある意味、社会勉強になったけど
こんな副店長みたいになっちゃいけないな〜って思いましたよ。

 

その分、店長がいい人だったな〜
なので、店長がいる日にバイトをのシフトを入れるようにしました。