寿司屋 バイト 体験談

寿司屋のバイト体験談|いかにもお寿司屋さん

ハッピにねじりはちまきの制服に惹かれてこのアルバイトを選びました。

 

仕事内容は、カウンター席やテーブル席のセッティング、ガリや醤油などの補充、
お客さんからの注文を聞いて板前さんに伝える、食器洗い、あとは接客でした。

 

「店員はとにかく元気よく!」というのがお店のコンセプトでもあったので
声をどんどん出していくように、という指導をよく受けました。

 

注文を受けると「がってんしょうち!」と大きな声で言わなくてはいけなくて
それがちょっと恥ずかしかったのですが、慣れれば大丈夫でした。

 

これはお寿司屋さんあるあるかもしれませんが
バイトが終わると身体から醤油と魚のにおいがしたのが、最大の悩みでしたね。

 

閉店まで勤務すると、余ったお寿司を持ち帰ることができました。
これはラッキーでした♪

 

今は機械で皿を数えるのが当然のようになっていますが、当時は皿を自分で数えないといけなかったので
今の寿司屋さんで働いている人たちのことを羨ましいな〜と思うこともあります。

 

社員が微妙でした

 

私は回転寿司チェーン店で働いていました。
先に結論だけ言ってしまうと、本当にキツかったというのが私の感想です。

 

これはお店にもよるとは思いますがマニュアルはあるのですが、
ほぼ説明も無く、いきなり現場に出されてしまうので慣れるまでが凄く大変です。

 

慣れるとある程度はラクになるのですが、それでも土日はホントにキツかった。

 

ただ、バイト仲間は本当に仲が良く楽しくやれたので良かったと思っています。
これがなかったら、すぐに辞めていたと思います。

 

他にも、時給面に関しては、他のバイトと比較しても良い方だったので満足していました。

 

ちょっと不満だったのが、社員さんたちです。
社員の人達は融通が利かず、とても大変でした。

 

もちろん、色んな事情もあってのこともあるとは思うんですが
もう少しいろんな面で融通を利かせた方がうまくいくのにな〜と思っていました。

 

もしアルバイトを考えている方は、実際に働きたいお店に行ってみて
店内の雰囲気や社員の様子をしっかり見てみることをおススメしますよ。